Sponsored Link

LINE Pay

LINE Pay利用ならLINEモバイルにした方が圧倒的にお得な理由3選

更新日:

LINEモバイルはLINE Payと合わせて使うとお得!

こんにちはゆっこる(@yukko_s17)です。

スマホ決済使っていますか?

スマホ決済の中でも、すでに入っているであろうアプリから始められるのがLINE Payです。

LINE Payは無料通話アプリLINEの中にあります。

簡単に始められることや、大型のキャンペーンから利用する人が増えています。

スマホ決済の利点は小銭の扱いをなくすことができるところです。

特に子連れだと、財布を出すのも大変だし、小銭を出すのも数えるのも一苦労……

これがスマホ決済になるとバーコードの読み取りだけで済みます。

1歳になる、まだ歩かない娘がいるのですが、抱っこで買い物するのが楽になりました。

 

利用者を獲得するためにキャンペーンが多くあるLINE Payですが、LINE PayはLINEモバイルと合わせて使うとさらにお得だって知っていましたか?

LINE Pay利用者にLINEモバイルがおすすめ

  • LINE Payの利用でLINEポイントがもらえる
  • LINEショッピングを経由してネットショッピングするとLINEポイントがたまる
  • 貯まったLINEポイントはLINEモバイル代に当てられる

順番に見ていきましょう。

\LINEモバイルはこちらから/

 

 

Sponsored Link

LINE Payは利用することでLINEポイントがもらえる

LINE Payでは前月の利用額に応じてLINEポイントが付与されます。

実際に利用額で付与される還元率は以下の通りです。

決済金額別マイカラー

  • グリーン→決済金額10万円以上
  • ブルー→決済金額5万円〜9万9999円
  • レッド→決済金額1万円〜4万9999円
  • ホワイト→決済金額0円〜9999円

 

LINE Pay還元率

月に10万円の利用があると最大の2%還元になります。

クレジットカードで一番還元率がいいと言われているリクルートカードでも1.2%であることを考えると、かなりの高還元率になります。

LINE Payで月10万円は一見難しく感じるかもしれませんが、LINE Payはバーチャルカードを発行してプラスチックカードを使えば、QRコード対応していないスーパーなどでも利用することができます。

食費や、ドラッグストアでの日用品の支払いもLINE Payにすればかなりポイントが貯まりますよ。

LINE Payのプラスチックカードとは?

LINE Payのプラスチックカードとは、LINE Payにチャージした残高をQRコート決済できないところでも使える、クレジットカードのようなものです。

クレジットカードといっても、実際はLINE Payにチャージした分しか利用できないので使い方としてはデビットカードに近い使い方ができます。

使いすぎないという点で、自分で管理できない人にはぴったりです。

LINE Payのプラスチックカードがあれば大幅に還元受けられて得!
LINE Payカード発行すれば還元率UP!
LINE Payを使うならプラスチックカードを発行すれば還元事業の恩恵も受けられる!

スマホ決済使っていますか? 2019年10月から消費税が10%に上がります。 2%の支出アップ、国は消費の落ち込み対策としてキャッシュレス決済に対してポイント還元することを決めています。 あわせて読み ...

続きを見る

 

 

LINE Payも使ってLINEショッピングを経由すればポイントがザクザク

LINEのアプリ内にはいろいろなサービスがあります。

LINEのサービス一覧

このサービスで例えばLINEショッピングやLINEトラベルは、経由して買い物や旅行をするだけでLINEポイントがもらえます。

いわゆるポイ活ですね。

2019年8月現在、LINEショッピングで扱っているショップはこんな感じです。

よく使うAmazon、楽天は利用額の0.5%が貯まります。

LINEショッピングの取り扱いサイト

利用額が高額になりがちなLINEトラベルのラインナップはこんな感じです。

残念ながら楽天トラベルはポイントがつきません。

LINEトラベルの取り扱いサイト

特に子育て中だったりすると、赤ちゃんや子どもを連れての買い物はたとえ近い距離だったとしてもかなり大変です。

それをネットショッピングにすれば、家にいながらにして日用品やネットスーパーで買い物できますし、その買い物分にLINEショッピングを経由するだけでポイントが付くのはかなり大きいです。

私はLINEショッピングを経由してポイントを貯め、支払いでLINE Payを使ってさらにLINEポイントを貯めるようにしています。

LINE Payはそもそもチャージにクレジットカードをつけることができません。

必ず銀行の口座か、現金をコンビニなどでチャージしないといけないのです。

つまりLINE Payはデビッドカードと性質がよく似ていのですが、現金がある分しか使うことができないので使いすぎを防ぐことができます。

1分でできる!LINE Payの登録とチャージの方法
LINE Payのはじめかた
キャッシュレス還元におすすめ!LINE Payの始め方、登録とチャージ方法

2019年10月から消費税が10%になりましたね。 合わせてキャッシュレス還元が始まりました。 スマホ決済使っていますか? ねぇ、 スマホ決済はどれがいいかわかんないしクレジットカードでいいや って思 ...

続きを見る

 

 

LINEモバイルは貯めたLINEポイントから支払いができる

LINE PayやLINEショッピングを通してLINE独自のLINEポイントが貯まることはわかりましたね。

その貯まったポイントはLINE Payにチャージしたり、Amazonギフト券やポン太ポイントなどに交換することができます。

さらに、LINEモバイルの支払いにも使うことができるのです。

LINEモバイルの支払いに自動的にLINEポイントから支払うという設定をしておく必要があります。

LINEモバイルの支払いをLINEポイントから払う設定方法はマイページからできます。

マイページの一番下にLINEモバイルのすべてのサービスメニューがあります。

【契約内容確認/変更】の中から【支払方法・ポイント利用】を選択します。

LINEモバイルをLINEポイントで支払う設定方法

次に出てくるページでLINEポイントの利用をどうするか、選ぶところがあります。

LINEポイントを全て利用したい場合は【毎月すべてのLINEポイントを利用する】を選択しましょう。

LINEモバイルをLINEポイントで支払う設定方法

これで毎月の支払いがLINEポイントから引かれていきます。

 

 

LINEモバイルはキャンペーン中!今が登録のチャンス

LINE Payは現在お得なキャンペーンが盛りだくさんです!

LINEモバイルのキャンペーン内容

  • 月額基本利用料が5ヶ月間半額!
  • 5000ポイントがもらえる
  • 格安スマホが最大半額!

タダでさえ安いスマホ代が5ヶ月間基本利用料が半額になります!

そして、契約時にキャンペーンコード【1908WA05】を入れると、5000ポイントをもらうことができます。

ただし、5000ポイントがもらえるのは音声通話SIM限定です。

音声通話以外の契約では↓下のボタンから契約をすると、本来3000円かかる事務手数料が安くなります。

事務手数料はこれくらい安くなります。

  • SMS付きデータSIMは500円
  • データSIMは1000円

音声通話も合わせてがっつり使いたいなら契約時にキャンペーンコード【1908WA05】を記入、データSIMだけでも下記のボタンから契約で事務手数料が安くなるのでぜひ見てみてくださいね。

 

2019年10月からは消費増税による対策として、キャッシュレス決済に対してはポイント還元されることが決まっています。

LINE Payはポイント還元する対象となっていますので、この機会にLINEモバイルを契約し、LINE Payの利用をメインにすることでかなりお得に生活をすることができますよ!

LINE Payの登録の仕方については『1分でできる!LINE Payの始め方、登録とチャージ方法』で紹介しています。

そのほかのスマホ決済については『おすすめのスマホ決済7選』で紹介しています。

Sponsored Link
  • この記事を書いた人

ゆっこる

大手メディアで編集者として働く3児のママ お金の話が大好き!最近はLINE Payでお得に買い物をすることにどハマり中… 【詳しくはこちら】 ✐☡ライター依頼は問い合わせよりお願いします

-LINE Pay

Copyright© ゆっこるのスマホ決済でキャッシュレス還元 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.